• koro

MV制作の三大条件ってワカる?

最終更新: 7月8日

 こんにちは、koroです。

何時もより多めにMMD動画制作時間を取りました、カレー臭いギターフレーズを、世の中の昆虫染みた人生を送っている同胞達に届けたくて頑張ったよ!

今回、昔のビジュアル系のMV(というかLaputaとPIERROTしか見てないけれど)を意識した編集ってヤツを編み出しました。




 まず一つ、映像のテーマを何パターンか用意する。


・演奏しているメンバー

・物憂げに佇む女性

・廃墟


 上記の様に複数のテーマを用意します、コイツを断片化して繋ぎ合わせるんですね。

いや、見たら解るんですけれども、違うんですよ、こう、気付かないと自分で作る時に作れなかったンですよ。AメロBメロで切り替えとかはしてたと思うんですけれど、思い切ってガンガン映像テーマを廻すという発想に至らなかったんですよ。誰かのツイートで見ましたけれど、『人は情報量の多い物を好む』という文章?これだ!と感銘を受けまして、改めて大好きなPVを見返してみると『ナルホド!』と心当たりが沢山…!


 第二に、テーマは大体2~4秒程度で切り替えていく。


 もうテーマをザッピングしまくる、何か深い意味に(勝手に)見えてキます。

脳に情報を処理する余裕を与えない勢いで、廻しまくりました、コレだ!大体V系のライブ映像とかも似たような手法でガンガン映像切り替わりますね。AMAZONのレビューだと賛否両論になってますが、否の内容を見ていると『じっくり推しメンが見たいのに!』という内容でしたので、ワタクシの作品には全く関係ありません。ガンガン切り替えてイケー?


 最後に、精神にクる映像を挟む。


 今回の動画ですと、ミミズやナメクジは本当に曲のテーマなのでコレに該当しません。曲のイメージ的にナメクジやミミズの様に地面を貼って、失くした心(=愛を想う気持ち)を延々と探し回る、探している間に干乾びて死ぬ(よく地面で見るアレ)、というものがあったので、逆に足が4本あってシャカシャカ目的地に達するし、ミミズやナメクジを喜んで捕食してそうな連中も同時に登場させました。コイツ等を精神的にクる存在にしようと考えました。そこで、脚が3本以上同時に画面に収める場合、激しいノイズで画面をグチャグチャにする事にしました。すると、映像全体を通して何となくメリハリが出来たと思います。


 因みに、セミ人間が登場する際にも小さなノイズが画面に入りますが、セミ人間(=ワタクシ自身)という設定で制作していまして、ワタクシからアナタガタへの呪いを意味しています。画面に小さなノイズも欲しかったのですが、どう全体的に散らばらせようかな?と悩んだ時に、何か設定を作っておくと、迷わず該当シーンに挿入すれば良いので、制作が楽でした。


 以上、制作現場からkoroがお伝えしました、是非聴いてね!


ニコニコ動画

0回の閲覧

@2023 by Cameron Young. Proudly created with wix.com